F-LOCKってどんな製品?

当ショップでも販売しております弊社製品『F-LOCK』シリーズですが、製品名だけでは❝どんなモノ❞なのか判らない向きも多いと思いますので、本ブログで数回に分けて製品の紹介をさせていただきます。

F-LOCKを開発したTAKEWAYさんは、元々クランプ(工具としての「締め具」)を専門とするメーカーであり、F-LOCKシリーズ各製品のベース部分は「挟んで締め付ける」クランプ機能を持っています。
更にF-LOCKシリーズ各製品には、シリーズ専用のアクセサリー(後述)を取り付けるためのマウント機能があり、 『F-LOCK』シリーズは共通して、これら2つの機能を持つ製品群ということになります。

F-LOCKシリーズ(左からF-LOCK・HAWK1・MAGMA)

さて、クランプ機能については「挟んで締め付ける」ものですから、F-LOCK本体を何かに固定するための機能であることは容易に想像できると思います。
マウント機能の方は前述した通り、シリーズ専用のアクセサリーを取り付けて、このアクセサリーを介して様々な器具をマウント(乗せる)ための機能となります。
もちろん、アクセサリーを付け替えることによって一つのF-LOCKに複数のマウンターとしての役割を持たせることも可能です。

では、「どんなアクセサリー」があって、「何をマウントできるのか」を見ていきましょう。

F-LOCKシリーズ用アクセサリー

まず、「乗せて」「固定する」器具ですぐに思い浮かぶのがカメラでしょうか…。コンパクトデジカメ、ビデオカメラ…いずれも底部に同規格のネジ穴があって、集合写真を撮る時など…このネジを使って三脚の雲台に固定しますよね。
F-LOCKにも、この「雲台のネジ」に相当するアクセサリーがあります。これを使えば三脚の様にかさばらないし、三脚の全高より高い場所にF-LOCKを設置できれば、いつもと違う写真が撮れたりするかも知れません。

カメラといえば、最近は皆さんスマホを使う局面の方が多いと思いますが、スマホとF-LOCKの相性・・・実は抜群に良いのです。
…というワケで、次回はF-LOCKの「スマホ用アクセサリー」についてご紹介していきたいと思います。